瀬戸内ってなに?


本州西部・四国・九州に囲まれた瀬戸内海とその沿岸地域のことを「瀬戸内」(せとうち)と呼ばれています。瀬戸内海は、唯一日本の内海。

瀬戸内には、美しい海と全部で727の大小無数の島々によって構成されており、その見事な景観は日本を代表する景色の一つとして知られています。

瀬戸内 Q & A


山口県、広島県、岡山県、兵庫県、大阪府、香川県、愛媛県、大分県 、福岡県。和歌山県や徳島県も瀬戸内海の海岸線に面しており、瀬戸内の一部に含む場合もあります。
8,495,907人(2016年10月1日時点)。
29,259.08平方km。
年間を通して温暖で晴天が多く雨量は少ない。積雪も年に1~2回程度は起こるが、山間部を除いては大雪になることは稀。波は、内海の瀬戸内海側では波は穏やかです。
瀬戸内エリアには、主に台湾、中国、韓国、香港、オーストラリア、アメリカ、フランス、タイからの外国人延宿泊者が大半を占めております。(日本政府観光局(JNTO)市場動向トピックスを参照)
主な観光名所は、尾道・今治ルートの「しまなみ海道」、『平家物語』『源平盛衰記』『太平記』などに登場する古戦場の「屋島」「壇ノ浦」「牛窓」「藤戸」、参拝に「金比羅宮」「石鎚山」「住吉大社」「厳島神社」「宇佐八幡宮」「大山祇神社」現代アートの島として人気急上昇中の「直島」や桃太郎伝説を伝える「女木島」、瀬戸内海に浮かぶ島の中で最大の島「淡路島」、豊玉姫神社から島を見下ろす光景がとても綺麗な香川県の「男木島」、香川県と岡山県のちょうど真ん中のあたりに位置する豊島の「豊島美術館」などがあります。
3年に一度、瀬戸内海の島々を舞台で開催される現代美術の国際芸術祭「瀬戸内国際芸術祭」。2010年、2013年、2016年に開催。